2017年8月15日火曜日

ありがとう、向井さん!!



先月末、ジャパンバックパッカーズリンク代表の、向井通浩さんが、亡くなったそうです。


「亡くなりました」ではなく「亡くなったそうです」にしたのは、関係のある方から直接伺ったわけではなく、人づての伝聞の情報だからです。そして僕に、“まだ、信じられない”という思いが強くあるせいもあります。先月の後半まで、いつもと変わらずに、楽しく有益な情報をfacebookやtwitterにあげまくってくれていましたので。逆に言うと、とある日からプッツリとそれらの更新が途絶え、僕は「どうしたのかな?」と心配していたのですが。まさか、お亡くなりになったとは。本当に、急で驚きました。


向井さんは、一般的にはどれだけ知られているのかわかりませんが、このホステル(ゲストハウス)業界では、知らない者がいないくらいの有名な方です。元々は世界を旅するバックパッカーで、日本でも安宿の文化を普及させたいと、世間への発信を続けておりました。ジャーナリストとして、雑誌やTVからの取材の依頼も多く、仮にTV番組“マツコの知らない世界”でゲストハウスが特集に組まれたとしたら、ナビゲーターとして呼ばれるであろう、いや、呼ばれるべき方です。


彼はとにかく、この業界に関して、圧倒的に詳しいのです。業界全体の把握や分析に長けているのはもちろん、個々の宿々の経営状況やオペレーション設計まで知っているような方なのです。さらには闇社会に繋がるような、“裏の事情”すら網羅する、すさまじい知識量をお持ちなのです。実は、僕が知ったように書いている、いろいろな情報や分析の、発信源の多くは向井さんです。このブログは、【※ソースは向井さん】だらけだったわけです。ヤバ過ぎてブログにはとても書けないようなネタも、たくさん聞いています。



向井さんは、新たにオープンした宿も、くまなくチェックしています。工事中どころか、着工前、なんなら計画が立ち上がった時点でもう、情報をつかんでいたりします。なので彼と僕との関係も、僕がYAWP!をオープンし、彼がウチに来てくれた、という出会い方です。


二年前の夕方頃、YAWP!にひょっこりと現れた向井さん(事前に連絡はいただいていました)。その第一声に、「素晴らしい。これぞまさにバックパッカー宿ですね〜」と言っていただけたのは、僕は今でも忘れられません。向井さんのことは、僕は以前から知っていましたので、僕なりにそれなりに緊張していたのです(僕が人と会うことに緊張するのは、極めて稀です)。しかし、挨拶よりも先にそんなありがたいコメントをいただき、僕はホッと胸を撫で下ろしたわけです。そして彼とはそれから2時間ほど、いろいろな話をして盛り上がりました。その後も、年に二回程度ですがお会いすることができ、一緒に飲んだりもしました。



ゲストハウス・ジャーナリストとされる方は、向井さんの他にも、何人かいらっしゃいます。しかし僕は、向井さん以外の方とは、現状で繋がってはいません。それは単純に、向井さん以外の方にウチに来ていただいたことがないせいもありますが、それよりも僕は、向井さんの、ジャーナリストとしての姿勢を尊敬しているからです。



向井さんは、新規オープンの宿のオープニングパーティー(たいていが巨大な宿です)に呼ばれることが多いようですが、何と言いますか、いわゆる“提灯記事”を全く書かないのです。どんなに接待を受けまくろうが、魅力を感じない宿のことは、絶対に褒めない。推薦しない。むしろ、なんならば、クソミソのケチョンケチョンに酷評します。「ゲストハウスは素晴らしいよ!」「ここ、おすすめ! ここも、おすすめ!!」を発信するばかりの、博愛でヌルいジャーナリストではないのです。なので、敵もたくさんいたと思います。

これは向井さんが、本当にホステル&ゲストハウスを愛していたからだと思います。なので、嫌われるのを分かった上で、この業界の玉石混合の“石”を、積極的にやっつけようとしてくれたわけです。これは、僕も同じ考えです。昨今のホステルの爆発的増加傾向を止めたいのではなく、“つまらない宿”がこれ以上増えて欲しくないのです。



さらには僕が向井さんに共感する部分として、「“ゲストハウス開業セミナー”は許せない」がありました。向井さん以外のゲストハウスジャーナリストの方は、こういった胡散臭いセミナーに関わっているケースが多いです。「ゲストハウス経営はこんなに楽しい」「あなたもやってみませんか?」を拡散し、誰にでもいい顔をし、無責任にナカマを増やそうとする。もちろん、有料で。向井さんの元にも、アドバイスを求める開業志望の者が多く訪れたようですが、彼はお金はとらず、業界のリアルな現状をちゃんと伝えてくれていました。


向井さんは、ゲストハウスの経営というものが、いかに儲からないか、いかにキツい仕事か、そういったマイナスの面も発信し続けてくれていた、とても貴重な存在だったのです。急激な飽和の兆候、昨今のすさまじい開業ブームに対しても、危険性を訴え続けてくれていました。少し前にこのブログに、僕は「2014年の時点で、この業界の未来への警鐘を鳴らす方がいた」と書きましたが、これはまさに、向井さんのことです。


要は、向井さんというのは、「日本のホステル・ゲストハウス業界の苦しい現状を包み隠さず訴え」「その上で本当に経営センスのある方や、本当にバックパッカーマインドのある方の参入を期待し」「素晴らしい宿々が揃い、業界全体の魅力が増し、この文化が世間一般に普及することを夢見る」そんな素晴らしいジャーナリストだったのです。



というわけで今回、向井さんを失ったというのは、このホステル・ゲストハウス業界にとっては、すさまじいダメージなのです。本当に、残念です。


向井さんは、亡くなる直前に、経営難による廃業を決意したゲストハウス経営者に対して、その決断を尊重し今後の人生を応援する、とても温かいメッセージを贈っていました。


向井さんは、そんな、優しい方でした。これからも、前途多難なこのホステル・ゲストハウス業界を、天国から見守っていただけると思います。


僕とは二年という、短い間でしたが、本当にありがとうございました!!


昨年の業界人飲み会で。左奥が向井さんです。





2017年8月8日火曜日

暑すぎてもう、ぃやんなっちゃう!!



まずは月初めの、いつものやつです!



【YAWP!来泊ゲスト国籍 トップ10(2015年4月〜:計1639)】

 ①アメリカ     278名(+10)

 ②イギリス     189 (+2)
↑③日本       184 (+15)
↓④オーストラリア  174 
 カナダ      145 (+5)
 ⑥ドイツ       87 (+2)
 ⑦台湾        49
↑ フランス      49 (+2)
 ⑨ニュージーランド  40 
 ⑩スウェーデン    37 (+2)



【新規ゲスト数(泊数:日数平均:稼働率(キャパ))月別まとめ】

2015】
4月:22( 81:3.68:22%(12))
5月:28(132:4.71:35%(12)
6月:11( 60:5.45:17%(12)
7月:65(205:3.15:59%(12)
8月:98(312:3.18:93%(12)
9月:79(278:3.52:93%(10)
10月:91(253:2.78:94%(10)
11月:74(227:3.07:84%(10)
12月:84(229:2.73:82%(10)
【2016】
1月:59(198:3.36:73%(10)
2月:55(194:3.53:78%(10)
3月:72(242:3.36:83%(10)
4月:83(275:3.31:85%(12)
5月:100(278:2.78:80%(12)
6月:26( 72:2.77:60%(10)
7月:45(139:3.09:61%(12)
8月:81(247:3.05:66%(12)
9月:64(215:3.36:90%(10)
10月:56(152:2.71:61%(10)
11月:42(112:2.67:45%(10)
12月:68(191:2.81:68%(10)
【2017
1月:50(190:3.80:79%(10)
2月:22( 81:3.68:58%(10)
3月:55(151:2.75:97%(12))
4月:75(238:3.17:79%(12)
5月:61(185:3.03:57%(12)
6月:19(126:6.63:84%(10)
7月:54(186:3.44:55%(12)

計:1639(5244:3.20:70%※)
※稼働率のみ、直前一年間の平均




いやぁ、まいりました。5月の総括の際に僕は、「ハイシーズンなのに60%を切るなんて、超ヤバいよ〜」的なことを書きました。そして7月はさらにハイシーズンな上に、expediaでの予約受付を開始したというのにもかかわらず、その5月の57%すら下回る55%でした。ガックリ(涙)。総泊数が1多いのに、稼働が低くなっているのは、5月の方が多く休日をいただいているためです。


そのexpedia、受付を開始してからの二週間はそれなりに好調だったものの、予約申し込みゲストのほとんどが日本人の方々だからか、7月〜8月のお盆の頃までの週末がすべて売り切れてからは、パッタリと予約が入らなくなりました。週末は、hostelworldだけでも埋まると思われますので、そういう意味ではexpediaに登録したことによる恩恵は、今のところはあまりないですね(涙)


先月は、相変わらずノーショウがちらほら発生し、「ヤレヤレだぜ・・」という感じでしたが、それよりも残念な傾向が発生しておりまして。僕としてはそっちの方が問題でした。




7月の総泊数186を、4(週)で割ると、一週間あたりのゲスト総泊数はおおよそ46になりますが、この46は毎週、似たような偏りがあり。

日曜日:8
月  :
火  :
水  :
木  :5
金  :12
土  :12

という感じです。


要は毎週、金曜日に一気にゲストが増えてフルになり、日曜〜月曜日あたりにドドッと減ってスカスカになる、そんな波の繰り返しでした。もちろん多少のズレはありますが、大まかに言うと毎週が、だいたいこんな感じでした。



平日(月〜木)と週末(金〜日)の間に、なぜそんな大きな差があるのか。その理由は、どシンプルかつ、くどいほどにココに書いているものです。この7月は、他の宿々の平日の価格設定が、壊滅的に安かったのです。ブッキングサイトに1000円台の宿が連なる中、2500円のウチが選ばれることは、稀だということです。逆に、そんな“平日1000台設定”の宿でも、週末はウチと同じ位かウチより高く設定しておりますので、週末のみウチはゲストに選ばれるのです。


これは、根拠のない話ではありません。僕はけっこうなデリカシーのない人間(笑)ですので、日曜or月曜日にドドッとチェックアウトするゲストたちの内の、「まだ東京にいるけどさ」な方々に対して、僕は「どこに移るの?」「いくらだった?」と、いつも遠慮なく聞いていました。おそらく10人くらいには聞いたと思いますが、その応えはなんと、すべて1000円台、1500円やら1800円やらだったのです。そして、彼らの多くが「もっとココにいたいと思うんだけどさぁ、他が安くてね〜」という話をします。


う〜ん。哀しいっす・・・。ゲストが宿を選ぶ基準の第一は、値段だというのは理解していますけどね。それにしても、はっきり言いまして、“経営が破綻状態になって値下げしまくってとにかくムリヤリ集客している”宿々に、足を引っ張られている感が強いです。こういった“無謀な値下げ合戦”状態が、その業界全体をダメにするというのは、宿泊業に限らないことだと思いますけどね。


これからやって来るローシーズンが、マジで恐ろしいです・・・。この流れだと、超激安の1000円や1200円に設定する宿が、大量発生するかもしれませんねぇ。くわばら・くわばら。



今回はこの先に、他の話題の記事も書いていたのですが、そちらは別枠で更新した方がよさそうだと思いましたので、ここまでとします(近日中に、更新します)。せっかく読んでいただいたのに、内容が薄い感じで、どうもすみませんです!!



最近は、10代の若者が多いです




2017年7月30日日曜日

彼らの「いらないものは、いらない」を、理解する。



僕は昨年の8月に、“日本人は、親切ではない!”という記事を書きました。今回は、しばらく間が空きましたが、それの第二弾のような気持ちで書きます。


前回、僕は日本人の親切心の問題点として、アクティブ(能動的)ではなくパッシブ(受動的)なのが良くない!と訴えました。日本人は、困っていたり具合が悪かったりな人に対して、向こうが「助けて!」と訴えれば皆で助けに向かうものの、そうではない人に対して「何かお困りですか?」「大丈夫ですか?」と能動的に声をかける者は皆無だと。特に日本人の“電車での席を譲らないっぷり”は、外国人達はちゃんと観察していて、けっこう失望しているんですよ、と。


なので、アクティブに親切な行動を起こせる人は素晴らしいと僕は思うのですが、そのアクティブな方々にも、伝えておくべきことがあります。



以前、まだ肌寒い時期の夜に、イギリス人カップルのゲストがYAWPに来泊しました。彼らがウチに着き、チェックインの手続きを進めていると、大きな袋を持つ一人の中年女性(地元の方)が、ふらりとウチにやって来まして。話を聞くと、イギリスの彼らが高砂の駅近くで、その中年女性にウチまでの道のりを聞いたのだそうです。

そのカップルの彼氏さんの方はその時、上半身はTシャツ一枚でして。それを見た中年女性が、そんな彼のために、家に帰りジャケット等の洋服類(旦那さんが着なくなった物だそうです)を袋につめてウチまで持って来た、という状況だったのでした。


・・・この中年女性は、間違いなく、とても親切な方です。彼を見て、「きっと寒いだろうから、助けてあげなきゃ」との親切心が働き、能動的な行動に移したわけですからね。なので、以下に書くことは決して彼女への批判ではないのですが。



「寒いだろうと思って」ということで、いきなり大量の洋服を渡されて、そのイギリス人カップル、喜んだと思いますか? 渡された際の彼らのリアクションは、ズバリ、苦笑いです。そして、その中年女性がいなくなった後に、彼が言ったのは「日本人って、優しいね」ではなく、「日本人って、変わってるね」でした。そしてその大量の洋服達は、一度も着られることなく、袋が開かれることすらなく、受付カウンター横にポイッと放置され、その状態にしたまま彼らは数日間の滞在の後に、ウチを出発して行きました。


人から貰った物を、そんなぞんざいな扱いにするなんてヒドぉい!・・と感じた方がいるかもしれませんが、僕は全くそう思いません。彼らは、バックパッカーです。基本的には、旅の荷物はできるだけ少ないのが良し、という価値観の者々です。そしてもちろん、そのイギリスの彼は彼で、ちゃんと上着を持っていました。Tシャツ一枚でも寒くないとか、それが気持ちいいとか、理由は知りませんが、彼の判断であえてその時は、その恰好だっただけなのです。


外国人(欧米人)はドライというか、合理的というか、その点では日本人とは大きく違います。以前、僕はゲストのチェックインの際にテキトウに手元にあったチョコレートや飴をあげていたことがあるのですが、まぁ驚くほどにゴミ箱にそのまま捨てられておりました。また、僕はゴミをまとめる際には、分別のために袋をそれなりにガサガサするのですが、中からはゲストが誰かからもらった品や手紙のようなものも、けっこうしょっちゅう発見します。


彼らは、どんなに良質な贈り物でも、誰から貰った物でも、いらなければ、使わないのです。食べないのです。袋を開けすらしないのです。仮に使ったとしても、用が済めば、あっさり捨てるのです。“必要ではないけれど貰いものだから大事にとっておこう”や“今、これを食べたい気分じゃないけれどせっかく貰ったから食べよう”的な、ウェットな感覚の持ち様は、日本人とは雲泥の差です。



さらに話を広げまして。特に食に関しては、日本人に“出された物は全部食べる”傾向が強いのは、残すことが「料理してくれた人に申しわけない」や「農家さんに申しわけない」、さらには根本的な価値観としての「捨てるのはもったいない」という気持ちが、多少なりともあるからだと僕は思います。なので、味が好みでなくても、量が多くても、完食することを是とする。

一方で外国人(欧米人)は、美味しくないと感じれば、その瞬間に食べるのをやめます。ウチのゴミ箱には、食べかけのおにぎりやら饅頭やらが、いつも大量に捨てられてあります。ウチが無料で提供しているパンが、たったひとカジリされただけの状態で捨てられていたりもします。食パンの味なんて、想像通りで波のない、特段に旨いもマズいもないもんだと僕は思いますけどねぇ。

レストランでの【客:「美味しくない! 作り直せ!」】が、当たり前の文化の国だってあります。日本人の僕からすれば、美味しくないのなら次回以降はそこに行かなきゃいいだけじゃんか、と思いますが。その根本には、“捨てる”という行為への意識の違いが、大きくあります。


僕は、日本人でアクティブ・カインドネス(能動的・親切心)をお持ちの希少な方々には、その点を理解していただいた方がいいと思うのです。たいていの外国人(欧米人)は、いらないものはいらない、美味しくなければ食べない、そんな人たちなのだと。なので基本的には、僕らの「これをあげたい!」という目線のみで、物を渡しても、食べ物を出しても、彼らにはほとんど喜ばれません。受け取ったからには使ってくれるだろうとか、箸をつけたからには全部食べてくれるだろうとか、差し出す側のそんな淡い期待には、彼らは応えてくれません。僕はそんな彼らの一面が、善いか悪いかを問うているのではなく、「この文化の違いを理解しましょう、皆さん!」と、訴えたいということです。



なので、日本人のあなたが欧米人の誰かに何かを贈ろう、となった場合には、彼らのその文化「いらないものは、いらない」を理解した上で、「相手が今、何を望んでいるか」の、相当なセンスが問われるわけです。Tシャツ1枚のバックパッカーを見て、「寒そうだから助けたい」となったところまでは、いいと思います(勘違いではあるものの)。しかし、その解決方法に選んだ「洋服をたくさんあげよう」が、大きくセンスに欠けたのです。なので、感謝よりも「なんで?」が勝ってしまった。そしてそのまま関心すら持たれず、ポイ捨てされてしまった。


あの場はせめて、ホッカイロを渡すくらいの程よさであれば、それなりに感謝されたのではないのでしょうか? せっかくのアクティブな親切心が、苦笑いで受け入れられてしまうのは、すごく哀しいことですよ〜。



↑↑↑

・・・と、この文章。ここまでは2ヵ月ほど前に書き上げておりまして、そのまま更新待機状態で、特に理由もなくしばらく寝かせていたのですが。


先日、葛飾区の花火大会がありまして。その前の晩に僕がゲストたちに伝えると、その内5人が興味を示したため、「それじゃあ、皆で一緒に行こうか。場所取りをしておくからさ」「Oh, it's a good idea !」「大会は19時20分からだから、18時半に宿に集合ね」「OK〜」というやりとりがあり。

花火大会当日、僕はレジャーシートを買った後、江戸川河川敷の会場まで行き、場所取りを。皆の喉が渇いてもいいようにと、大ペットボトル×4をシートの重りに。そんな、朝からなかなか忙しい一日でして。


そして、夜。約束の、18時半。

・・・なんと、誰一人として、帰って来ませんでした。やや遅れて19時に帰って来たとか、そういうのすらなく。彼ら5人は、2・2・1人のゲストでしたが、皆、23時以降にバラけて帰って来まして・・・そして帰宿後の彼らからは、花火大会については話題にすら上がらず(よって彼らが、単に忘れていたのか、気が変わったのかは、僕は知りません)。皆、僕とは何度か一緒に飲んだりして打ち解け済みの、いい関係のゲストだったんですけどねぇ。


場所取りとして置いておいたシートや飲み物は当然、そのまま放置するわけにはいきませんので、僕はそれを取りに会場に向かいましたが、その道中の切なさ?虚しさ?ったらなかったですよ・・・。そこで、このストック記事を思い出しまして。「あぁ、俺もゲストたちが実はたいして興味のない物(サービス)を、提供しようとしていたんやなぁ」「いらないサービスやったさかいに、あっさり捨てられてもうたんやなぁ」となり、今回のこの更新に繋がっているわけです。自分で書いていた文章が、自分への教訓になってしまった、ということです!!




しかしまぁ、それにしてもですよ・・・。


たいして興味がないのなら、最初っからそう反応してよ!!

エネルギーが、枯渇するってばよ!!!

もう二度と、「花火大会に皆で行こか」は、プロデュースせぇへんでワイは!!!!

(僕は千葉県出身ですが、心が荒れ気味なので!)




2017年7月24日月曜日

何処も儲からなくて・・・夏。


ぐぁっ!!

友人から、前回の記事について、【序盤に「好調」と書いてあるのに、終盤には「経営がだいぶキツくなってる」とある。どっちやねん!?】 ・・・とのツッコミをいただいてしまいました。たしかに、最初と最後で大きく矛盾していましたね。


僕が設定している目標値の“新規予約獲得:一日2件”は、あくまで、最低ラインです。「それを越えれば僕はとりあえず食べて行ける」というだけのことで、「儲かっている」レベルでは全くありません。僕がそもそも、「食うのに困らなければいいや」のスタンスでビジネスをしているので、この目標値なわけです。その「食えればいい」も、独身一人暮らしで、大きな貯金をする気も無い、そんな無責任で気ままな生活の上での話なので、相当に低い設定です。


そこで、そういえば一昨年と昨年は、7月中旬の一週間に入った新規予約数を公表していたなぁと思い出しまして。昨年は一昨年と比較するために、わざわざ予約をしばらく止めてhostelworldに参入した当時のような状況をあえて作っていたっけ、と。


その結果の詳細は、このブログの昨年7月18日の記事

この業界は、今まさに下り坂!

に載せておりますが、いちいち開くのは面倒でしょうからここに書きますと、

2015年 7月 9日〜15日 50件
2016年 7月12日〜18日 40件

だったということで。この50件→40件は、泊数で言うとおよそマイナス60泊。そしてその通りに実際に、8月の稼働率を比較すると、

2015年 93%
2016年 66%

で、その落差たるや、−27%でした。


そして2017年。今年は予約の受付を止めることはしませんでしたので、正確な比較にはなりませんが、前回書きました通り、

2017年 7月 8日〜14日 18件

でして。今年はhostelworldだけではなく、expediaにも載っている状態での、この件数です。

“今年は予約を止めてはいない=この18件の以前にも、受けていた予約はそれなりにある”なので、40件が18件に減ったからといって、稼働率も半分以下になるわけではないのですが(すみませんね、ややこしくて)。しかながらこの夏の稼働率は、間違いなく昨年を下回ると予想します。


なので要するに、冒頭の僕の矛盾は、

好調です。→「まぁ、なんとか食えそうだな」
経営がキツくなっている。→「しかし昨年より確実にマイナスだぜ」

との意だったわけです。



ところで同じく、昨年のその記事には、都内にあるゲストハウス&ホステルのおおよその軒数を、

〜2013年末まで   35軒
 2014年     +15軒
 2015年     +20軒
 2016年     +15軒
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2016年末予想  計85軒

と書いていますね。これは完全に大ハズレでした! 正直、恥ずかしい!!


正しくは、

〜2013年末まで   35軒
 2014年     +15軒
 2015年     +20軒
 2016年     +40
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2016年末   計110


でして、昨年の後半は僕の予想をはるかに上回る、新規オープンがあったわけです。


そして今年はというと、この7月末の時点で、さらに30軒ほど増えています。よって間違いなく、今年中には合計が150軒を越えます


僕がYAWP! をオープンした2015年春は、都内には50軒くらいしかなかったんだけどなぁ。それがもうすぐ、150軒。たったの二年ちょっとで、3倍か・・・。



なので、同記事に添付した画像【今後は最悪、こうなる】の表も、今年のこの業界全体の悲惨な現状を踏まえ、下方修正します(↓)。まさか、“最悪”よりも悪い展開になるとは・・・。



今後は最悪、こうなる(訂正版)



来年以降の簡易宿の増加数を鈍化させたのは、閉宿もますます多くなるだろうという予測の上です。オリンピックまでは、このまま変わらず年40軒ペースで増えるが、同じく毎年10軒程度は潰れるだろうと。




そういえば実は以前、ウチに開業の相談に来た方から、「タクロウさんのブログを読んでると、“この人ってほんとネガティブだなぁ”と思います」と言われたことがあります(笑)。う〜ん、僕としては、“僕ほどポジティブな奴はめったにいない”と自己評価しているんですけどねぇ。ポジティブの塊みたいな母親の元で育ちましたし。


ポジティブだからこそ、悪い方に予想がはずれているのです。僕の“ホステル業界の未来予測”は、これまでずっと、下方修正ばっかりです(笑)。ポジティブだからこそ、2012年に僕がホステル開業を決意した際に、「このビジネスの未来は明るい!」と勘違い(?)してしまったのです。



二ヵ月前にバズったこのブログの記事の影響か、2月にテレビ出演した影響か、僕は最近また、開業の相談を受ける機会が増えました。いまだに「宿をやりたい!」と、瞳をキラキラさせている若者(年配の方もいますが)に、夢も希望もない話をしてその光が消えて行くのを見るのは僕としても哀しいことなので、今後は

持ち物件での開業 or 
賃貸ならば自己資金が1000万以上、

その上で稼働50%値段2000円のオペレーションを組める

・・・そうではない方からのご相談は、僕はキッパリとお断りします!! 




2020年の東京オリンピックの開催が決定してから、もうすぐ4年。政府が観光立国を目指すと宣言してから、3年。アンテナの感度が高い人、ビジネスの嗅覚のある人は、それから今日に至るまでに、とっくに動いています。そして今では僕以外にも、「このビジネスは危ない!」と発信している方が、それなりにいます。


なので、今さら宿の経営に興味を持ったという方は、自身のその鈍さ、センスのなさ、現状を気付いていないっぷりを、まずは自覚してくださいです。

3年前にすでに、この業界の未来への警鐘を鳴らす方もいたくらいなので、これは、以前の自分に対しても言えることなのですが(笑)!





2017年7月16日日曜日

エネルギーが枯れる感覚に、すごく共感する!!



いきなりですが前回、exipediaに載せてからの一週間で、新規予約は17件入りましたぜ、と書きました。そして二週目はというと、

expedia       :6件
hostelworld     :5件
ホームページから直接 :7件

の計18件で、変わらず目標の一日平均2件は越えており、好調です。早くも、expediaからの申し込み数がhostelworldを抜いちゃいましたね。やるなぁ、expedia。



しかしながらウチは、今月いっぱいは金・土・日曜日以外は、すごく空いています。新規に入って来る予約のほとんどは、金・土・日曜のものか、8月以降のものでして。なので、週末は稼働率平均が80%を越えるでしょうが、平日が軒並み50%を下回っておりますので、このままだと月の全体平均は60%くらいになりそうです。


expediaに載せたというのに、今月も相変わらずの60%程度かぁ〜。ほんと、マイッちゃう。まぁ、来月は前半にすでにフルの日が多く発生しておりますので、きっと大丈夫だと思います・・・。



ところで先日あった出来事なのですが、僕が朝10時頃に出勤すると、既存のゲストたちはすでに皆、街に出かけており。しかし、知らない外国人の男女がなぜかリビングでくつろいでおりまして。

その日は外国人ゲストのインの予定は無かったので、僕は「えぇ!? 誰ですの!??」だったわけですが、彼らはアポ(予約)無しの飛び込みで、しかも朝9時に来て、中にいたゲストに入口のドアを開けてもらい、リビングルームに突入。そのうち既存ゲスト達がみんな出かけてしまい、僕が来た時には彼らだけがいた、という状態だったわけです(もちろん、あまりよろしくないシチュエーションです)。


僕は、事前連絡無しでの時間外チェックインを基本的には受け付けておりませんが、飛び込みのゲスト自体は歓迎しておりますので、「ま、いっか」と受け入れることにしまして。しかし、話を聞くと「ここに泊まるかは、まだ決めていない」とのこと・・。なんじゃそりゃ! そんな前提で、よくぞ勝手に宿のコーヒーを飲んだりしていたもんだ!!


それから僕は、彼らの求める通りにベッドルームを見せ、システムやサービスについてを説明し、「ウム、ここでいいんやないか〜」という流れで言われたのが「他より高いからディスカウントしてよ」。・・・どうやら彼らは、僕を待っている間にブッキングサイトで他の宿もいろいろ調べたようでして、「例えばA宿は、もっと都心にあるのに1800円だっていうし」とかいう展開になり。


これまで僕は、「長く泊まるから、ちょっと安くならない?」的なリクエストを受けたことは何度かありましたが、「他の宿と比べて高いから安くして」と言われたのは、これが初めてでした(ちなみに彼らは、“1泊”です)。僕はもちろん断りまして、さらにそれらの流れ全体を通して、正直、彼らに対してのウェルカム熱が冷めてしまったため、「じゃあ、その安いところに行きなよ」と返し、実際に彼らはウチに泊まることなく出て行きました。



まぁ、その件は経営的にはダメージは全くないのですが、そんな出来事から僕は刺激され、再び都内の他の宿々の価格設定っぷりを調べてみまして。すると相変わらず、たしかにウチより安い宿が大量にある。前回、このブログで価格調査を報告したのは5月でしたが、それよりも増えているのは間違いない。あまり似たような記事を連発したくないし、面倒だしで、いつものような分析の詳細は今回は書きませんが。


今は、7月。一年の内で特に外国人観光客が多い、繁忙期です。にもかかわらず、このホステル業界の平均価格はさらに安くなっています。2月(ローシーズン)→5月(ハイシーズン)→7月(超ハイシーズン)で、需要は確実に増えているはずなのに、業界全体の設定価格は落ち続けているのです。僕は5月の時点で、“ハイシーズンなのに供給過多の飽和状態”だと報告しましたが、それはますます拍車がかかっているということです。このままだと、需要が下り坂になる8月のお盆から先は、どうなってしまうのでしょうか!? 7月に、価格設定:一泊2400円のウチで「高い」と言われてしまう時代が、こんなにも早く来るとはっ!! これは、けっこうショックです!!!





ちなみに、“ジモコロ”というサイトの、今年の2月の記事に、


というのがあります。僕は、この記事を発見して読んだ際には、ほぼ100%同意の「わかるわかる!」となり、なんだかシビれました。


特に、

「愛=他者に優しく接するエネルギーみたいなもんですね。ゲストハウスの仕事って、愛をみんなに振り分けることでもあると思うんですよ。でも、振り分けられる愛には限りがある」

愛がゼロになると、ホントにしんどい。その状態で人と接しても、絶対にいい感じでは返せないわけで……

の部分。いやぁ、まったくもってその通りです!!



ゲストハウスというのは、飲食店の「美味しさ」や物販店の「品物の質」等とは違い、なんというか「ウェルカム度」といいますか、「あなたがウチに来てくれて私は幸せです」感が特に求められるビジネスだと思うんですよね。顧客との関係性を、時間的な密度で単純比較しても、飲食店ではせいぜい30分〜1時間、飲み屋でも2時間。物販店では長くても20分とかでしょうが、ゲストハウスは平均で3日、なんなら一週間を越えることすらザラにあるわけです。

なので、この仕事は他のサービス業と比べて、スタッフが一人の“人間”として顧客と接する度合いが高いのは間違いないのですが、その面で、確実にエネルギーが必要となります。穏やかでフレンドリー、ルールをちゃんと守りワガママも言わず面倒くさくもなく、さらには日本文化をリスペクト・・・ゲストの全員がそんなだったら、僕のエネルギーは減らずに済みそうですが。残念ながら、そうではないゲストは、少なからず存在します。


そのため、常にエネルギーを使います。ルールを全然守らないゲストがいても、グッと我慢。ワガママな要望だらけなゲストに対しても、それに応える努力を、出来る限りはします。「このゲスト、メンドいなぁ」「そんなことは、自分でやって欲しいなぁ」といった感情は、絶対に顔には出しません。日本とは文化や常識の全く違う国から来たゲストが、自分のそれを完全キープで日本に合わせる気が全くない、というケースも多々ありますが、そんな彼らの非常識行為にも、僕は理解を示します。ルール違反が度を超える者に対して注意をする際も、“怒っている”テイではなく、笑顔で言います(これは僕は苦手ですが)。そうやって、「私はあなたを歓迎していますよ」感を、出来る限り最大限に保ち続けます。


このエネルギーが“愛”と定義されるのかどうかは、よくわかりませんが、とにかく、確実に消耗して行きます。「楽しそうだね〜」と言われることの多いこの仕事ですが、他のいろいろな仕事と、なんら変わりません。「楽しい」と「楽しくない」が、共存しています。

ゲストハウス経営の仕事は、すこぶる楽しいのですが、同時に、メチャクチャ頭に来ることや残念に思うことも、大量に発生します。その極端な両面性と、うまく付き合う必要があります。



それの限界が来たときが、これが前述のジモコロさんの記事で言うところの「愛がゼロになる」という状態ですね。なので僕も、ときたま長期のお休みをいただき、海外に行ったりひたすらダラダラしたりして、このエネルギーをチャージしております(なんだかカッコいい表現!笑)。そして基本的には休みの期間中は、“独り”になりたいです。



そして、記事では

「結局、経営がうまくいって、ある程度の経済的な余裕もできてこないと、さっき言ってた『愛』だって、枯渇したままでチャージされない。『愛を与えたい→でも経営が不安定→愛が充電されない→愛が枯渇する→体力&精神的にもきつくなる』という負のスパイラルに陥るわけで」


とも書いています。これまた、すごくわかります。飲食店で経営がうまくいっていない場合には、シェフのメンタル面のせいで料理の味が落ちる、なんてことはめったにないと思います。しかしゲストハウス業は、スタッフが“人間”として接する度合いが高いので、経済面の余裕のなさ、メンタル面のダメージは、確実に負の影響を与えます。



前述のように最近は、経営難で値下げをしまくって1000円台に設定している宿が都内に大量発生しておりますが、彼らはどうやってこの問題と接しているのでしょうか? 仮に1500円でフルになったとしても、その値段でゲスト全員にエネルギーを降り注ぐことができ、さらにそれが枯れずにいれるのだとしたら、すごいことだと思います。僕にはとてもできないことなので、リスペクトします。お金の問題じゃないですけどね。しかし単純&正直に言って、「割に合わない」です。


なんだか今のこの業界は、経営面に限らず、スタッフのメンタルの面でも疲弊が進んでいると思います。利益薄傾向が止まらないのに、必要になるエネルギーが多過ぎます。バランスが、悪過ぎます。なのでか最近は、業界から去る方がすごく多いです。どんどん、辞めちゃっています。



というわけで今回は、ざっくり言うと「この仕事、ただでさえ精神的にキツいのに、他が値下げをしまくるせいで経営面もだいぶキツくなってるぜ〜」という、二重苦な話だったのでした。


・・・まぁ、僕は僕です。信念を持って、やり続けるしかない。

がんばりまっしょい!!


7月なのに、1000円台だらけ




2017年7月8日土曜日

ブッキングサイトを、増やしました!!



んぁ〜・・・暑いっ! 夏が前のめりすぎてる!! 図書館とかで涼みたいっ!!!



暑くて何もやる気にならないけれど、とりあえずまずは、月初めのいつものやつです!



【YAWP!来泊ゲスト国籍 トップ10(2015年4月〜:計1585)】

 ①アメリカ     268名(+3)

 ②イギリス     187 (+1)
 ③オーストラリア  174 
 ④日本       169 (+2)
 カナダ      140 (+1)
 ⑥ドイツ       85
↑⑦台湾        49 (+3)
↓⑧フランス      47
 ⑨ニュージーランド  40 
 ⑩スウェーデン    35 (+6)



【新規ゲスト数(泊数:日数平均:稼働率(キャパ))月別まとめ】

2015】
4月:22( 81:3.68:22%(12))
5月:28(132:4.71:35%(12)
6月:11( 60:5.45:17%(12)
7月:65(205:3.15:59%(12)
8月:98(312:3.18:93%(12)
9月:79(278:3.52:93%(10)
10月:91(253:2.78:94%(10)
11月:74(227:3.07:84%(10)
12月:84(229:2.73:82%(10)
【2016】
1月:59(198:3.36:73%(10)
2月:55(194:3.53:78%(10)
3月:72(242:3.36:83%(10)
4月:83(275:3.31:85%(12)
5月:100(278:2.78:80%(12)
6月:26( 72:2.77:60%(10)
7月:45(139:3.09:61%(12)
8月:81(247:3.05:66%(12)
9月:64(215:3.36:90%(10)
10月:56(152:2.71:61%(10)
11月:42(112:2.67:45%(10)
12月:68(191:2.81:68%(10)
【2017
1月:50(190:3.80:79%(10)
2月:22( 81:3.68:58%(10)
3月:55(151:2.75:97%(12))
4月:75(238:3.17:79%(12)
5月:61(185:3.03:57%(12)
6月:19(126:6.63:84%(10)

計:1585(5058:3.19:70%※)
※稼働率のみ、直前一年間の平均




オゥ! 滞在日数平均の
6.63は、過去最高値です!! 先月は月の半分も休んだ上に長期泊だらけで、僕的には超・楽チンでハッピー&ラッキーな一ヵ月でした!!しかし前々回のブログで、総泊数は130泊ほどになるだろう、と書きましたが、結果は126泊だったわけで、それには届かず。その投稿から月〆の一週間の間に、新規の予約申し込みは+10泊分くらいありましたが、その一方でノーショウが3件・4人・9泊分 & 直前(前日or当日)キャンセルが2件・3人・8泊分。合わせて−17泊だったわけで、そりゃあ、予想を下回っちゃいますよ(涙)!!


たった一週間の間に、5件もノーショウ&ドタキャンが発生したというのは、YAWPがオープンしてからの二年三ヶ月で、初めての経験かもしれません。しかもその内の3件・4人分は、同じ日の出来事です。この4人、一つのグループではなく、1・1・2人の別々のゲストですよ! それがなんと、一人も来ないとは!!


先月は、上旬にも1件ノーショウ(1名・3泊分)があったので、合計で8人。6月全体のノーショウ(&ドタキャン)率は、8÷27(総予約人数)×100≒30となり。実に30%ものゲストが来なかったわけです。これまた、YAWPの過去、最高率だと思われます。


この多発傾向は、4月・5月・6月と、ここのところずっと続いています。ホント、まいっちゃうなぁ。しかも(ここからはグチ)、そのノーショウの内の1件は、いろいろと要望だらけの外国人ゲストで、事前のメールのやりとりを何度もして、「早朝7時にチェックインしたい」というのも了承し。よって僕は普段より3時間も早く出勤して彼女の到着を待つも、なんと・・・来ないっ! おいおい勘弁してよ、と思い「今どこですか〜?」的なメールをしても、返事は無し。で、そのままずっと音沙汰なしで、今に至ります。・・・なんなのよ、コレ!!?




まぁ、この業界は、他のホステルのスタッフ(友人)からも、「今日はウチは10人インの予定が、9人ノーショウだったわ〜笑」みたいな連絡をもらったりする世界ですからねぇ。率が30%というのは、平均的か、なんなら平均よりも低いといえます。

ノーショウなので、顔を知りもしないゲストです。というかもはや、ゲストですらない。そんな相手にいちいちイラついていてはこの仕事は続けられませんので、僕はポジティブに、気にしないようにしています。こうやってこのブログでネタにして、ストレスをベントして、それでスッキリです!




さてさて、話は変わりまして。何度も宣言していた通り、YAWP! backpackersは7月1日より、hostelworldに続く2つ目のブッキングサイトでの、予約の受付が始まりました。 そのサイトは、expediaです!


ウチの予約受付の土台は、
2015年4月〜6月がホームページのみで、
2015年7月〜2017年6月の二年間が、+hostelworld。
なので、+expediaの2サイト&ホームページ体制も、とりあえずは二年後の2019年6月までを目標とします。逆に言うと、二年後までは増やさないつもりですので、しばらくは営業の電話(メッチャ、かかって来る)はご遠慮くださいです(笑)。


ブッキングサイトが増えたばかりの今は、僕としては二年前にhostelworldに初めて載せた時と同じようなワクワク感がありまして、なんだかフェーズ2に突入した気分です。オープンからhostelworldに載せる前までの三ヵ月は、フェーズ0というか、アイドリング期間のような位置付けです。


ちなみにexpediaでの受付を開始してから昨日までの一週間の、新規予約の申し込み状況はといいますと、

expedia       :6件
hostelworld     :7件
ホームページから直接 :4件

で、計17件です。オゥ!expedia、けっこう入るじゃないか!!


登録ブッキングサイトを増やすにあたり、僕はもちろん、事業者側からの目線での各サイトごとの是非、集客力やサポート体制の質等を業界内の知り合いに聞きまくりでして、それを踏まえた上で今回、expediaを選んでいます。彼らからは概ね、集客力においては「expediaはhostelworldと似たようなもん」と聞いておりまして、実際にその通りの出だしとなりました。僕はいちおう、予約の申し込み受付の目標を“一日2件”としておりますので(1件あたり平均1.5名×3泊、要は2件で+9泊)、一週間で17件もの申し込みがあったというのは、万々歳のスーパーハッピーです。


もちろん、増やしたことによるデメリットはあります。何よりも、予約の管理がすごくややこしくなりました。当然、OB(オーバーブッキング)の危険性も増しており、例えば、とある土曜日の空きベッドが残り1だった場合、ある時、確認すると2サイトどちらもからそこに予約が入っていて、要は“残り1が二つ売れた”状態になっていたりするので、焦ります。まぁ、ウチは常に空きベッドを確保しているシステムなので、そんな状況でも基本的にはOBを発生させずに済みますが。


あとは、これは登録してから気付いたことなのですが、expediaでは、予約の際にゲストから到着時刻を聞かないんですねぇ。ゲストへの質問事項に、おそらく入っていない。これ、けっこう不便です。ゲストが来る時刻を考慮しながら、テキトウなタイミングに掃除等をしている僕からすると、この“ゲストが何時に来るかわからない”環境の発生は、けっこうなマイナスです。hostelworldでは、到着時間の連絡が来ます(ほとんど守られないですが)ので、「今日のゲストは23時着だから、22時頃までは皆と外で飲もうか」的なことが気軽にできたのですが(万が一のため、置き手紙は書きます)。今後は「今日のゲスト、まだ来てないから宿に居続けなきゃなぁ」状態で、ゲストと飲みに行けなくなることが、増えそうです。


他には、expediaでは予約ゲストの性別が分からないのも、すごく不便です。ウチは、女性専用の部屋はありませんが、女性専用のベッドはありますので。ベッドの振り分けのコントロールのために、“今日は女性が何人来る”は、できれば把握しておきたいのですが。

そしてさらには、予約ゲストの国籍が分からないのも、残念です。別に、国籍を知ったところで、何かが変わるわけではないのですが。とにかく、総じてexpediaでは、宿に対しての予約ゲストの情報開示は、ほとんど無いということです。hostelworldでは、到着時刻も性別も国籍も全部伝わって来ますので、例えば「おっ、ウルグアイからのゲストか。珍しい!初めてかも!!」とワクワクしたり、「深夜着の1泊か。では出発も早朝のアッサリ滞在さんだろうな〜」と過去の傾向を元に予測したり、そういったことができます。


要はhostelworldでは、開示されたゲストの情報を元に“どんなゲストなのかを想像して楽しむ”ことが出来るのに対し、expediaでは、“どんな人が来るのかさっぱりわからない”状態になるわけです。う〜ん、これは不便だし、つまらないなぁ。


まぁ、贅沢は言っていられません。数あるブッキングサイト、それぞれに良い点・悪い点があるのは当然です。それに、expediaでは今のところ、予約の多くは日本人の方から(名前から推測)ですので、“さっぱりわからない”だらけというわけでもないです。



とにかく、これから二年間は2サイト&ホームページ体制で、なんとかしぶとく業界の荒波を乗り越えて行きたいと思います!!

 expediaさん、今後ともよろしくお願いいたします!!!





2017年6月29日木曜日

ついに成立した民泊新法! 得をするのは誰だ!?



去る6月9日、参議院本会議にて、住民宿泊事業法(いわゆる、民泊新法)が可決され、成立となりました。


宿泊業界に身を置き、その上でいろいろと好き勝手に意見を発信している僕が、業界にとって超重大な事象であるこの件についてを放置したまま、月をまたぐべきではないなぁと思いまして。このブログの更新、今月は今のところ一度のみですしね。


というわけで今回の話題は、僕の立場から見たこの“民泊新法”の、是非についてです。



ついに成立した民泊新法、その詳細をざっくりまとめますと、

① 事業者は都道府県への届け出が義務に。
② 事業者は、宿泊者名簿の作成と標識の掲示が義務に。
③ 家主不在型は、宅権業者への管理委託が義務に。
④ 年間営業日数の上限は、180泊
⑤ ④は、自治体ごとに条例で短縮が可能。
⑥ 違反者には、六ヵ月以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

です。


・・・・すっ・・素晴らしい!!!

 個人的には④の営業日数の上限は、30泊や60泊程度がよかった(海外で民泊を許容している国の多くが、そんな日数制限です)のですが、それ以外はケチの付け様がありません!!

ホステル業界にいる友人の何人かともこの話題が出ましたが、皆、軒並み喜んでおりますね。もちろん、民泊そのものを全く認めたくない、という気持ちはありますが。しかし、時代の流れには僕らもアジャストする必要がありますし。今現在、闇で民泊事業をやっているチートな連中が、すでに取り返しのつかない数で日本中に湧いていますし。


ここで、この法律ができることにより、誰が得して誰が損するのかを、いろいろな立場ごとのハッピー指数で表そうと思います。宿泊業界や民泊の問題に、全然くわしくない人たちにもわかりやすく理解できそうな感じで!




【① 既存の宿泊業界(ホテルやホステル業界に携わる者々)】

ハッピー指数:80

民泊が全面禁止になれば、もちろん指数は100でした。しかし、この法律により営業日数の上限が設けられ、違反者に対するペナルティも明確になりました。これまでのような、“違法だけど罰則規定がないし、捕まってもたいしてヤバくない”という、闇民泊事業者に舐められまくりで爆発的に増えまくりの状況は、少なくとも脱すると予想され、充分に満足のできる法律となりました。



【② すでに闇民泊をやっていた個人(家主不在型、賃貸物件)】

ハッピー指数:0

これまで、このパターンで闇民泊をやっていた者には、この法律ができることにより、今後はガクブルの生活が待っております。賃貸物件での民泊事業をするにあたり、貸し主からきっちり許可をもらっており、周りの住民も理解を示している、そんな特異な状況でない限りは、確実に続けられません。さらには、今後は宿泊者名簿を作る必要があるわけで、“ゲストとは全く会わずに鍵BOXの暗証番号だけ伝えておしまい”の仕組みの継続が、難しくなります。それらすべてを踏まえれば、ほとんどは辞めると思いますし、辞めずに闇で続けるのだとしたら、ただのアホです。

そんなこれまで、近隣住民や合法で宿泊業を営む者々への迷惑を顧みず、コソコソとセコく違法行為をしていた彼らに、僕はここでハッキリ言います。「ざまぁみろ」です。



【③ すでに闇民泊をやっていた個人(家主不在型、所有物件)】

ハッピー指数:10

②の者々の多くが、今後は民泊業から逃げて行くと思われます。なので、ライバルが一気に減るという意味でビジネス的にはプラスの要素があり、指数は0ではありません。しかし、180日という上限と、自治体への届け出が義務になったことによる“ちゃんと所得税を払わなくちゃね”、標識の提示が義務になったことによる“近隣住民にバレバレだね”、さらには管理委託が義務になったことによる“管理業者に利益の一部を吸い取られちゃうね”といった、今後の多すぎるマイナス面を含めると、ハッピー指数はこんなもんです。これまた、「ざまぁみろ」です。



【④ すでに闇民泊をやっていた個人(ホームステイ型、賃貸物件)】

ハッピー指数:0

実はホームステイ型の民泊のことは、既存の宿業界の者々は、そんなに悪くは思っていません(僕としても、「ざまぁ」の対象ではありません)。上記②③の家主不在型は、投資型とも呼ばれ、要はただの金儲けであり、そんな連中に我々の大切な商売が荒らされるのは非常に腹立たしいですし、もれなく全員捕まって欲しいのですが。ホームステイ型からは“外国人と交流したい”や“観光客をおもてなししたい”等の、真摯さや責任感を感じますのでね(中には、“嫁探し”を目的とする不届き者もいるようですが笑)。しかし、彼らも②同様、周りの許可や理解の上にないことが多いと思いますし、それらの面倒や登録手続きの全てをクリアしてまでも続けたいとは考えていないでしょう。なので、ほとんどの方が辞めると思います。



【⑤ すでに闇民泊をやっていた個人(ホームステイ型、所有物件)】

ハッピー指数:30

このパターンは、まさに“外国人と交流したい”タイプの方が多いでしょうし、180日の上限も、お金儲けを目的としていない限りは、そんなにはマイナスにならないかと思います。しかし、“所得税を払わなきゃね”と“近隣にバレちゃうね”は、彼らにとっては大きな負担でしょうから、これを機に辞める、という人はそれなりにいると思います。僕としては、このケースの方に対してのみ、「継続してもいいんじゃないですか?」と思いますが。



【⑥ これから新規参入する個人(賃貸物件)】

ハッピー指数:0

②と同じく、こんな人はただのアホです。「これから個人で、賃貸物件で民泊を始めるぞ!」と意気込んだところで、もう闇でコソコソとはできないのです。いったいどこの大家がそれを許可し、どこの隣人がそれを歓迎するのでしょうか? そんな無理スジの物件環境を探すのは、明らかに時間のムダです。こんな人がもし周りにいたら、正直に言って、僕は笑っちゃいます。



【⑦ これから新規参入する個人(所有物件)】

ハッピー指数:30

所有物件ですから、②や⑥のように大家の許可が必要になることはなく、やる気になれば合法のビジネスとして、すぐに始められます。しかし、近隣住民は歓迎しますかねぇ? 「近隣なんて知ったこっちゃない」という人も中にはいるでしょうが、これってそれなりにハードルが高いことのような気がします。そもそも、これまでは違法であったが野放し状態で、闇でやって儲ける連中がそれなりにいた中、素直に“合法になるまで待っていた”民泊業への参入志望・物件所有者が、そんなにいるとは思えません。まぁ、後述の⑧に委託するケースは多くなりそうですが。



【⑧ これから新規参入する企業】

ハッピー指数:90

今回、民泊新法が成立したことで、一番喜んでいるのは間違いなく彼らですね。企業ですから、これまでは彼らのほとんどは民泊ビジネスに参入していませんでした。違法行為で、リスクが大き過ぎましたからね。しかし、これからは合法のビジネスということで、アパマンショップやレオパレス21等の大手の不動産業者を中心に、一気に参入が始まります(多くの企業が、表明済みです)。自社で管理or所有している大量の物件の中にある、借り手のいない部屋や、買い手のいない家などの“困っているもの”を主に、これからは民泊用の物件という扱いに鞍替えさせます。なんなら、一つの物件を民泊として扱いつつ販売も継続、といったことまでするかもしれません(売れた場合には、民泊はストップ)。さらには、これまで闇で家主不在でやっていた連中(③)から、今後は管理委託を受けることにもなります(当然、利益が発生します)。180日という上限設定のみ、彼らにとってはガッカリでしょうが、それ以外は満点でしょう。




これらをまとめると、

ハッピー指数
  
 90: これから新規参入する企業
 80: 既存の宿泊業界(ホテル・旅館・ホステル等)
  
 30: 闇民泊をやっていた個人(HS型、所有物件)
 30: これから新規参入する個人(所有物件)
 10: 闇民泊をやっていた個人(家主不在型、所有物件)
  
  0: 闇民泊をやっていた個人(家主不在型、賃貸物件)
  0: 闇民泊をやっていた個人(HS型、賃貸物件)
  0: これから新規参入する個人(賃貸物件)


となります。要は、これから届け出が義務になり、企業が一気に参入する状況で、“個人”で“賃貸”物件でやる民泊ビジネスには、プラスの面は全くないのです。そもそも、年間で180日までしか営業できないわけですから、物件を借りてそれを又貸ししたところで、まともな利益が出るわけがないのです。そんなの、小学生にだってわかることですよね。

なので、今後も賃貸物件で民泊業を続けよう(始めよう)という者々は、180日以下の規定を守るはずがありません。規定を守らないということは、もちろん自治体に届け出るはずもありません。



今回成立した、民泊新法の内容で喜べるのは、上記のように「これから新規参入する企業」と、僕ら「既存の宿泊業界」だけです。政府(政治家)はこの法律を作るにあたり、不動産業界と旅館業界の両方面から、強いロビー活動を受けました(そのあたりの事情も僕はそれなりに詳しいのですが、ここでは割愛します)。その結果、なかなかバランスのとれた、両方の業界が満足できる法律になったと思います。

逆に言うと、こういった巨大な業界組織にばかり恩恵のある法律なわけで、個人に対して利があるようには全くできていません。この法律ができたことで明らかに苦しい立場になったのは、これまで個人で闇民泊ビジネスをしていた者と、これから個人で民泊ビジネスを始めたいと考えていた者です。政府は現金ですねぇ。そういうロビー活動的な影響力のない者々には、とことん冷たいです(笑)。

よって今後は、民泊を個人でやっている者、これからやりたい者は、辞めるか、諦めるか、違法のリスクを背負いながら闇で続けるかの、どれかしかないでしょう。そして続ける者は、これまで以上に、周りの目を気にしながら、コソコソすることになります。通報されたら、おしまいですからね。明確な罰則規定のある、完全な犯罪行為ですからね。


あとは、いかに政府(保健所、警察)が本気で違反者の摘発に取り組むか、それだけが問題です。ただし、今後は不動産業界と旅館業界の、両面からの監視プレッシャーが彼らに向かいますから、見せしめ的な要素も含めて、政府はそれなりに定期的に彼らを摘発するのではないでしょうか? 法律が施行された後にも、変わらず闇民泊が横行するようでは、政府に対する批判が沸き上がるでしょうし。警察官さんたち、がんばってくれることでしょう(と、期待しています)!




2017年6月1日の時点で、日本全国にあるAirbnbの登録物件数は、およそ4万8千。東京都内には、1万7千。都内においては、その内の少なくとも7割、1万2千件が、家主不在型(投資型)の民泊です。

民泊新法は、2018年1月からの施行になるようです。それまでは、およそ半年。半年後からは、民泊は個人のビジネスではなく、完全に企業優位のビジネスになります。個人では、リスク過多すぎて、お金儲けの面においては利点が全くありません。


今、闇民泊を営んでいる個人事業者たちの内、どれほど多くがこれを理解し、廃業を選択するのでしょうか? または、どれほど多くが理解に至らず、無謀で愚かな継続をしてしまうのでしょうか?